「enchant.js」

画像拡大時のピンボケをうまく活用する

enchant.jsでは画像を簡単に拡大縮小させることができますが残念なことに拡大すると画像が少しボケます。そしてこのピンボケ、画像の拡大率が大きくなればなるほどボケも大きくなります。めっちゃ拡大するとめっちゃボケます。しかし、そのボケを逆に利用します。

Read More

右クリックを使いたい!

enchatnt.jsではマウスの右クリックはサポートされていないようです。右でも左でもクリックは同じ扱いで処理されます。そして右クリックするとブラウザのメニューが表示されてしまいます。でも右クリックが使いたい!!ゲームで使うつもりだったのに出来ないのは困る!!ってことで方法を探しました。

Read More

画面タッチ処理のいろいろ

スマホ用のゲームを作るなら画面をタッチしたときにどういう処理を行うかということをプログラムしていくことになります。しかしそのタッチでも使い方によってはちょっと考えないといけなかったりします。今回は画面タッチについて気づいたことを書いてみます。

Read More

Groupクラスはとっても便利

enchant.jsでゲームを作っていて気付いたのがGroupクラスの便利さ。実は最初は使い方が分からずあんまり使っていなかったんですが、何度か使っているうちに「そう使うものだったのか!」という発見がありました(;´∀`)というわけで「Groupってなに?」ってなってる方のために私なりに気づいたGroupの使い方を説明したいと思います。

Read More

enchant.jsのクラスの作り方

enchant.jsには独自のクラスのようなものを作れる機能があります。このクラスを上手く使えば処理を分割してわかりやすく書くことができます。さらに継承もできるのでプログラムを簡潔に書くことも出来るようになります。少しプログラムに慣れてきたら絶対に使った方が楽なのでぜひ使い方を覚えましょう(‘ω’)ノ

Read More

シーンの切り替えについて

ゲームではメインのゲームを遊ぶ部分以外にもタイトル画面やポーズ画面など、いくつかの違う画面を表示する必要があります。enchant.jsではそれらの画面のことをシーンといい、それぞれのシーンを必要に応じて切り替えて表示することができます。

Read More

残り時間をカウントダウンする

ゲームって制限時間が決まっているものがたくさんありますよね。一定時間にゴールしたり、敵全滅させたり、逃げたり、時間制限があるおかげでゲームが成り立っているものって結構あります。というわけで制限時間というルールがあると作れるゲームが増えるだろうと思い、制限時間を設けたいときに使えるクラスを作ってみました。

Read More

不要な要素はちゃんと削除しよう

enchant.jsでは画面に追加した要素はプログラムの変数とは別の存在になっているようで、削除の手続きをしてあげないと消えないようです。少量だと問題ないですが多くなると実行処理の負担になってたりします。なので不要になったものはきちんと削除してあげましょう。

Read More

画面のフェードアウト処理

ゲームを作っていて画面遷移時に絶対欲しいのがフェードアウト処理です。このフェードアウト処理がないと突然画面が切り替わり、あまりにも不自然に感じてしまいます。単純だけどなくてはならない機能です

Read More

ゲームでよくある画面エフェクトを作ってみた

最近ゲームのことを考えてて思ったのがエフェクト・演出です。自分のゲームにもっと演出が欲しいな、とちょっと思ったので作ってみることにしました。で、とりあえず何から作ろうかなと考えて、簡単そうなやつから作ってみました。enchant.jsには拡大・縮小・回転のプログラムが最初から入っているのでそれを利用したものを考えてつくってみました。

Read More