残り時間をカウントダウンする

ゲームって制限時間が決まっているものがたくさんありますよね。一定時間にゴールしたり、敵全滅させたり、逃げたり、時間制限があるおかげでゲームが成り立っているものって結構あります。

というわけで制限時間というルールがあると作れるゲームが増えるだろうと思い、制限時間を設けたいときに使えるクラスを作ってみました。

画面に文字を表示させるのでLabelクラスを継承して作りました。

プログラム

使うときは引数に分と秒をして使います。

残り時間が0になるとisTimeUpフラグがtrueになります。

簡単な説明

tickがフレームごとに加算されてそれが設定されているfps以上になると1秒としています。

他のやり方を検索で調べてみると除算を使ってやってるやり方ばかりだったので除算を使わないやり方をつくりました。enchant.jsではスマホで高FPSを出すのは難しいので除算はできるだけ避けたいと個人的に思ってます(実際どれくらい違うのかは知らんけどね(;´∀`))

あと、この方法だと正確に1秒を計れません(^^;)実際に計ってみると1分で2~3秒ずれてました。FPSがいつも確実に1秒に設定した数字になっているとは限らないので仕方ないことなんですけどね(;´∀`)だけどファミコンのマリオも全然正しい1秒になってないからいいんだよ(^^;)

あ、あと、フレームごとに計測してるから処理落ちすると時間がたつのも遅くなります。つまり処理落ち中は時間もスローになります。どんだけ処理落ちしても時間だけ過ぎてゲームオーバーってことにならないところがこれの良い点です(^^;)

ちなみにこちらのゲームで使いました(‘ω’)ノ

▷▷▷ 秘密警察ギャボリン 第三話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。