画像などのデータを連想配列にして一括取り込み【enchant.js】

enchant.jsのデータの読み込みをするpreload()という関数について、ちょっとでも楽になる方法の紹介です。

データの読み込みを本やサイトで調べるとだいたい

core.preload('aaa.png', 'bbb.png');

//使うとき
var sprite = new Sprite(64, 64); 
sprite.image = core.assets['aaa.png'];

のように書かれているけど、こうすると後で違うファイル名の画像にしたりするときに結構めんどくさい(-_-;)

で、このpreload()関数は配列で渡すことができるようなので連想配列でわかりやすい名前を付けて作っておく。

var ASSETS = {
    'start':'start.png',
    'title':'title.png',
};

読み込みは配列で一括。すごい楽ちん。

core.preload(ASSETS);

画像を使う場所で以下のように指定する。

title.image = core.assets['title'];
start.image = core.assets['start'];

と、まぁこんな感じでファイル名ではなくキーで指定するからわかりやすいし、ファイル名が変わっても修正は上の配列部分を変えるだけで済むので楽ちん。

どのゲームで遊ぶ?

障害物を避けながらただただ上を目指すゲームです。オンラインランキング機能付き
スマホ専用対戦ピンポンゲーム。タッチだけのイライラ操作が逆に楽しい?
マリオ風アクション。敵を撃ち落としてコインを集めるげーむ。
360度全方向から来る敵を撃ち落とすシューティングゲーム。

コメント欄

※コメントはまだありません※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゲームタグ一覧

ゲーム開発書籍(amazon)

HTML5 ゲーム開発の教科書 スマホゲーム制作のための基礎講座
ゲームを作りながら楽しく学べるHTML5+CSS+JavaScriptプログラミング[改訂版] (Future Coders(NextPublishing))
改訂2版 はじめて学ぶ enchant.jsゲーム開発