画像などのデータを連想配列にして一括取り込み【enchant.js】

enchant.jsのデータの読み込みをするpreload()という関数について、ちょっとでも楽になる方法の紹介です。

データの読み込みを本やサイトで調べるとだいたい

core.preload('aaa.png', 'bbb.png');

//使うとき
var sprite = new Sprite(64, 64); 
sprite.image = core.assets['aaa.png'];

のように書かれているけど、こうすると後で違うファイル名の画像にしたりするときに結構めんどくさい(-_-;)

で、このpreload()関数は配列で渡すことができるようなので連想配列でわかりやすい名前を付けて作っておく。

var ASSETS = {
    'start':'start.png',
    'title':'title.png',
};

読み込みは配列で一括。すごい楽ちん。

core.preload(ASSETS);

画像を使う場所で以下のように指定する。

title.image = core.assets['title'];
start.image = core.assets['start'];

と、まぁこんな感じでファイル名ではなくキーで指定するからわかりやすいし、ファイル名が変わっても修正は上の配列部分を変えるだけで済むので楽ちん。

同カテゴリー記事

当サイトのオリジナルゲーム(ランダム表示)

変な顔を一か所入れ替えて連鎖で全消しを狙うゲーム。全部消えたときはスッキリ快感です。
宇宙船を操作して遭難しているエイリアン達を助けに行きます。全部で15ステージ。
ボタンを押して決められたパターンに電気をつけるパズルゲーム
一つだけある空欄を使ってタイルを入れてマッチを作る落ちもの系パズルゲーム。ちょっと難しい。

記事の感想・コメント

※コメントはまだありません※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゲームジャンルタグ

新着技術ブログ記事

新着開発日記