Labelをちょっぴり使いやすくする【enchant.js】

enchant.jsのLabelがフォントサイズを変更したりするだけなのにフォント名も一緒に書かないといけないのがけっこう面倒臭い(;´Д`)

面倒なら作っちゃえ!!ってことでちょっと作ってみました(‘ω’)ノ

var MyLabel = enchant.Class.create(enchant.Label,{
    initialize: function(size, font){
        enchant.Label.call(this);
        this.size = 24;//フォントサイズ
        this.fontStyle = "sans-serif";//デフォルトのフォント
        if(font){
            this.fontStyle = font + ',' + this.fontStyle;
        }
        if(size){
            this.size = size;
        }
        this.font = this.size + "px " + this.fontStyle;
        this.color = "white";
        this.width = 640;//画面の幅
    },
});

説明

Labelを継承してクラスを作っています。基本的にフォントサイズとフォントの種類を別々に設定できる以外は普通のLabelです(^^;)

引数のsizeはフォントサイズ、fontはフォント名です。指定したい場合に入力してください。引数がない場合はデフォルトの値が設定されます。

面倒臭がりな方はゲームで一番使うフォントサイズとフォントの種類を最初から設定しておきましょう(*´ω`)

どのゲームで遊ぶ?

ひったくり犯を追いかけるランゲー。道に落ちている障害物には気を付けて。
マリオ風アクション。敵を撃ち落としてコインを集めるげーむ。
変な顔を一か所入れ替えて連鎖で全消しを狙うゲーム。全部消えたときはスッキリ快感です。
あほげー。世紀末な感じの世界で熱い男たちの戦いの火ぶたが切って落とされる!?

コメント欄

※コメントはまだありません※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゲームタグ一覧

ゲーム開発書籍(amazon)

HTML5 ゲーム開発の教科書 スマホゲーム制作のための基礎講座
ゲームを作りながら楽しく学べるHTML5+CSS+JavaScriptプログラミング[改訂版] (Future Coders(NextPublishing))
改訂2版 はじめて学ぶ enchant.jsゲーム開発