Labelをちょっぴり使いやすくする【enchant.js】

enchant.jsのLabelがフォントサイズを変更したりするだけなのにフォント名も一緒に書かないといけないのがけっこう面倒臭い(;´Д`)

面倒なら作っちゃえ!!ってことでちょっと作ってみました(‘ω’)ノ

var MyLabel = enchant.Class.create(enchant.Label,{
    initialize: function(size, font){
        enchant.Label.call(this);
        this.size = 24;//フォントサイズ
        this.fontStyle = "sans-serif";//デフォルトのフォント
        if(font){
            this.fontStyle = font + ',' + this.fontStyle;
        }
        if(size){
            this.size = size;
        }
        this.font = this.size + "px " + this.fontStyle;
        this.color = "white";
        this.width = 640;//画面の幅
    },
});

説明

Labelを継承してクラスを作っています。基本的にフォントサイズとフォントの種類を別々に設定できる以外は普通のLabelです(^^;)

引数のsizeはフォントサイズ、fontはフォント名です。指定したい場合に入力してください。引数がない場合はデフォルトの値が設定されます。

面倒臭がりな方はゲームで一番使うフォントサイズとフォントの種類を最初から設定しておきましょう(*´ω`)

同カテゴリー記事

当サイトのオリジナルゲーム(ランダム表示)

マリオ風アクション。敵を撃ち落としてコインを集めるげーむ。
障害物に当たらないようにタイミングを狙って弾を撃つゲーム。
平面なルービックキューブみたいなゲーム。スライドさせて模様を完成させます。
未完成の失敗作。なんで公開してるんだとか言わないでくれ。。

記事の感想・コメント

※コメントはまだありません※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゲームジャンルタグ

新着技術ブログ記事

新着開発日記