スーファミ時代のような落ちものパズル「へのへのもへピ」

スーパーファミコンのころのような雰囲気のパズルゲーム。

一つだけ動かして連鎖ですべて消すとクリアになるゲームです。

全消しになる1手を探せ!失敗を笑うやつら。。

ゲーム内容

変な顔のボールが見えてしまうセーラちゃん(タイトル画面の女の子)が頑張るパズルゲームです。

変な顔のボール(へのへのもへピと呼ぶ)は同じ色で3つ以上縦か横にまっすぐ並べば消えます。

消えると上のが落ちてくるのでそこでまたそろえば消えて。。を繰り返して全部消えればクリアとなります。一つでも残ると失敗です。

失敗するともへピがヘラヘラ笑ってバカにしてきます。

制作を振り返って

スーパーファミコン時代のぷよぷよのような感じで、また当時の時代的なふざけた感じも意識して作ったゲームです。雰囲気は良い感じに出来てると思ってます。

作った当時で憶えてることは、とにかく問題を作るのがきつかったですね。問題を作るのってすごく難しいんですよね。良いのが全然できなく発狂してたと思います(-_-;)

開発時の詳しいことはこっちに書いています↓

実はこんな話です

実はゲームに入っていないストーリーがあります。

汚い手書きのラフですがどうぞ(左側から読んでください)。

へのへのもへピの絵コンテ画像

マッチ4バージョン

ぷよぷよと同じ4つで消えるバージョンもあります。それ以外は全く同じです。

こっちの方が難しい?

フリーゲーム夢現に投稿しています

フリーゲーム夢現に投稿しています。レビューを書いてもらえると嬉しいなぁ。。|д゚)