「エイリアン救出ゲーム(仮)」制作日記その1

どうしてもやる気が湧いてこなくて開発が遅れまくってる現在開発中のゲーム「エイリアン救出ゲーム(仮)」。

あまりに開発ペースが遅いので開発日記をつけながら何をしたか書いておこうかと思います。

ゲームの元ネタ

今回のゲーム開発の元ネタというかきっかけになったのがこのゲームです。

私はけっこうYouTubeでレトロゲームの動画を見ていて面白いと思ったアイデアを自分のゲームに取り入れるようにしています(ゲーム黎明期は面白いアイデアのものが結構あります)。

この「ルナレスキュー」をもとにアイデアを膨らましたのが今開発中のゲームです。

操作はバルーンファイトっぽく

とりあえず最初にプレイヤーの操作部分を作ってみました。

操作の画像

最初は操作についてあまり考えていなかったんですが作ってみて物足りなさを感じてあれこれ改造して試してるうちにファミコンの「バルーンファイト」っぽい動きになってきたので途中からバルーンファイトを意識して作りました(バルーンファイト遊んだことないんだけど。。)。

基本的にプレイヤーは左右で船を動かすだけです。左右の動きは慣性がかなり働くようになってるのですぐに方向転換できません。またジェット噴射で上昇するけど噴射をやめると重力で下降するのでコントロールが難しくなっています。

スクロールを追加

最初は1画面だけのゲームのつもりだったけどキャラの大きさやマップタイルのサイズなどを考えると1画面では狭すぎると思ったのでスクロールさせてもうちょっと大きなマップで遊べるようにすることにしました。

マップをスクロールさせてる画像

マップスクロールのプログラムは「爆弾野郎」の時に作ったプログラムをコピーしてこのゲーム用に少し改造して使っています。

一応このマップスクロールのことで一つ書いておくと「キャラクターの進行方向の表示が広くなる」ようになってます。右に移動するとプレイヤーの右側部分が広く表示されます。反対に左側は左部分が広く見えます。縦の移動はそのやり方に適していなかった(動きすぎて酔う)ので逆に真ん中あたりに余裕があるようになっています。言われないと気づかないことだと思うけどこういうところも遊びやすさに影響するのでちゃんと作ってるんですよ(・∀・)

その他いろいろ

ミス時の演出

このゲームはミスは一発アウトになるんですがその時の演出をどうしようかちょっと悩んだすえ「宇宙船だしロックマン風に爆発させよう」ってことでそう作りました。

まぁまぁロックマンぽくできてると思います。

セリフ

「かわいく作る」というのをこれからのゲーム開発のテーマにしたのでそのための一つのアイデアとしてセリフを入れてます。

ちょっと生意気な感じのセリフにして個性を出せたらと思ってます。

ワームホールを移動できる設定

このエイリアン達はワームホールを使って自由に移動できる設定になってます。なのでワームホールから現れてワームホールに戻るという設定にしました。

ワームホールから出てきてゲーム開始

助けるエイリアンにも当たり判定

助けるエイリアンにも当たり判定を付けました。着陸に失敗してエイリアンをはねてしまうとアウトです。人身事故(エイリアン身事故?)はダメですからね。

今後の開発について

後は敵というか障害になる物や生物を作る予定です。上のGIF画像に少し映っていますがそれらを動くようにしていく予定です。

それができればあとはステージを作成すれば概ね完成ですね。

後はオープニング、エンディングですね。

それと今回は音楽・効果音もオリジナルのを自分で作りたいのでそれもやらないとダメですね。

大変だなぁ。。

制作日記その2へ続く

当サイトのオリジナルゲーム(ランダム表示)

あほげー。意味など考えないでください。鶏の気持ちを理解しましょう。
レトロ風シューティング。謎の宇宙人との人類存亡をかけた戦い?
あほげー。聖帝シーザーとの一騎打ち。愛の力で巨悪を打ち砕け!
マリオ風アクション。敵を撃ち落としてコインを集めるげーむ。

記事の感想・コメント

※コメントはまだありません※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゲームジャンルタグ

新着技術ブログ記事

新着開発日記