投げ銭&ファンサイトで支援を募ろう

ゲームを作って公開しても私のように無料で公開していると収入なんてほとんどありません。広告を貼っていても誰もクリックなんてしてくれないです(´;ω;`)

だからといって無収入でやっていたらいつかモチベーションが尽きてしまいます。もしくは金銭的に続けることが不可能になってしまいます。でもそんな悲しいことになりたくないですよね( ;∀;)

そんな世知辛い世の中でも「渡る世間に鬼は無し」という慣用句があるように、金銭的に苦しいクリエイターたちをサポートしてくれるサービスというものがあるようです(・∀・)

ということでそんな心優しい人たちからの支援を受けられるかもしれないサービスをいくつか実際に登録してみたので紹介します。

amazonほしいものリスト

たぶん一番有名で一番支援してくれる可能性が高いサービスがこのamazonほしいものリストだと思います。amazonでは自分が欲しいと思っているものを登録しておくことができるんですが、その欲しいものを他人に公開して買ってもらえるというサービスです。

今どきほとんどの人がアマゾンのアカウントを作っていると思うのであるのに使わないなんてもはや機会損失ですよね(^^;)とにかく使いましょう。

note

文章や写真、イラストなどを有料で販売できるサイトです。結構ブログとかで有名な方が使ってるようですね。基本的には有料記事などで収入を得るような仕組みみたいなんですけど、記事は無料でも公開できます。そしてnoteにはもう一つ「投げ銭」のような機能があります。

上の画像のようなボタンを記事に設置することができます。これでファンからの支援を受け取ることができます。

▷▷▷ note

pixivFanbox

ユーザーにファンになってもらって毎月一定額の支援してもらいそれを受け取ることができるファンコミュニティサイトです。

pixivというユーザーが描いたイラストなどの投稿をシェアするSNSのサービスなのでほとんどイラストレーターの方ばかりですがイラストじゃなくたって使うことができます。

支援に対して報酬を設定している方がほとんどですが(支援してくれた方だけ見れるイラストとか)、ゲームをすべてサイトで公開している身としては何も報酬に出来るものが無いです(^^;)とはいえ別に無理に報酬をつくる必要もないと思います。

▷▷▷ pixivFANBOX

paypal.me

電子決済大手のpaypalの送金サービスです。自分専用のリンクを作成し、そのリンクを使ってお金を送金できるらしいです。

サイトにリンクを貼るだけでOKで、他に記事を書いたり余計なことしたりする必要がないです。本当にただの送金サービスです。まさに投げ銭て感じです。

ただ、本名での登録が必要で、リンク先が表示されるときに本名が表示されます。もし人に名前を知られたくないなら使えないですね(^^;)

▷▷▷ paypal.me

他にもいっぱいある

他にもサービスはあったんですが私は以上の4つに絞りました。

理由としてはまず、他の投げ銭サービスはどうもちょっと不安でした。ofuseやyggDoreといったサービスがあったんですがどうもいまいち使う気になれるほどの情報が無かったですね(^^;)

ファンコミュニティーサイトはいくつもやると大変そうなのでpixivFanboxだけにしました。正直コミュニティーって単語だけでちょっとすでにしんどい気がするし(^^;)単純に投げ銭だけだったらいいのにね。

あと、投げ銭機能はyoutubeなどの動画生配信サービスにはたいていついてるみたいなんですが生放送するものなんて何もないので使えません(;^ω^)

がんばってるんだから支援期待していいはず

最後に一つ言っておきたいことがあります。

私は本当に本気でゲーム作ってます。暇つぶしにちょこっと作って「どうよ?すごいっしょ?」ってやってるわけではありません。

開発にはすごく時間がかかりますし気力・体力も消費します。作品のクオリティーだって低いなんてことはないはずです。

だから支援を求めておかしいなんて思いません。

むしろ自分がちゃんとしたものを作っていると思うならチップはもらって当然だと思います。

 

ってね、たぶんそれくらいの気持ちにならないとやっていけないような気がします(´・ω・`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。